大口融資も可能なキャッシング

キャッシングというと無担保の小口融資というイメージがありますが、
銀行系や一部の大手消費者金融、銀行と提携している金融業者などでは
大口融資も可能になっています。

融資金額に関係なく、不動産や保証人などの担保提供は必要ありませんし、
約定通りの返済を続けていれば、利用限度額の範囲内で追加借入や
繰り上げ返済が自由にできるというシステムも同じです。

大口融資になると収入証明が必要になってくる

ただ、大口融資の場合には、本人確認書類として用意する運転免許証やパスポートの他に、
収入を証明する資料が必要になります。
源泉徴収票や確定申告書、所得証明書などを準備してから申込みましょう。
所得証明書なしで消費者金融はいくらまで利用できるかでは具体的に収入に対して
どの程度借入できるかを解説しています。また証明書を用意するのが面倒というユーザーはかなり多いのでしょう。銀行であればカードローンを利用すれば即日融資100万円も可能であったりします。

大口融資をする際の注意点

なお、大口融資を受けるときの注意点として、
銀行系以外でキャッシングを利用するときには総量規制の制限があることを
知っておかなければなりません。

総量規制というのは、利用者の年収の3分の一までしか
融資をしてはならないという規制のことで、
複数の業者から借入をしているときには、その合計額で判断します。
したがって、300万円の大口融資を受けるためには年収が900万円以上なければ
ならないということになります。

銀行カードローンは総量規制対象外だけど

銀行は大口融資であってもこの総量規制の対象外となっていますが、
基本的にはやはり収入に応じて利用限度額の上限を設定しているため、
それほど高額の融資は期待できません。

また、大口融資の希望を出しても、これまでに全く取引がない人が
借り入れをする場合には、信頼性が構築されていませんので、
希望通りの金額にはならないことも多いです。

特に高額の融資を無担保で行うというのはリスクが大きいため、
よほど年収が高かったり安定した職業についていなければ、
数十万円程度の融資からスタートするというケースがほとんどです。

しかし、半年~一年近くきちんと取引を続けていると、
信頼性も構築されて増枠の申し込みなどに積極的に応じてくれるようになったり、